アメリカンドッグ

子供の頃、たこ焼きやカキ氷と並んでお祭りの出店で見掛ける機会の多かった食べ物。今は殆ど食べなくなった人もいるかもしれませんが、家庭でも簡単に作る事が出来る料理です。もし、家に余ったホットケーキミックスがあったら、アメリカンドッグを作って懐かしい気持ちに浸ってみるのも良いかもしれませんね。

[スポンサードリンク]

アメリカンドッグとは?

豚肉ソーセージを串に刺し、小麦粉を使った衣で包んだ料理。縁日や高速道路のドライブインで見掛ける事が多いですね。今ではコンビニなどで販売している場所も多く、比較的よく見掛ける様になりました。衣の原料として最近ホットケーキミックスを用いる事が多くなり、家庭で作る人も同様にホットケーキミックスで作る人が増えています。だから皮に甘味を感じるのですね。

また、このアメリカンドッグと言う名称は日本独自のもので、アメリカでそう呼んでも伝わらないケースも多く見られます。本場のアメリカでは「コーンドッグ」と言う名前で親しまれています。これは、衣の原料に小麦粉やホットケーキミックスではなく「コーンブレッド」を用いている事が由来とされています。一言でアメリカンドッグと言っても、違う地方の人に聞けば自分達とは全く異なった食べ方をしている可能性もあります。貴方はケチャップ派、それとも砂糖派ですか?

アメリカンドッグコラム(フレンチドッグ?)

一般的に、アメリカンドッグとはケチャップをつけて召し上がるものです。しかし、一部の地域ではアメリカンドッグという名称ではなく「フレンチドッグ」と呼びます。更にケチャップではなく、こちらは砂糖をまぶしているのが大きな特徴です。食した事の無い人は驚きますが、ドーナツに似た感じで結構美味しいと言います。この習慣があるのは北海道の一部、主に道東側でのみ見られる物です。同じ北海道でも西の方では存在しない場合も多いのです。北海道の一部では納豆やトマトに砂糖をかける場所もあり、食べ物に砂糖をかけると言う行為が一般的なのかもしれません。

また、砂糖云々だけでなく中身のソーセージが魚肉の物もフレンチドッグと呼ばれています。同じ食べ物であっても、これだけ違いが存在するのですね。どれか一つの味だけではなくて、「砂糖」「ケチャップ」「からし」の中から選べる場所もある様です。

簡単アメリカンドッグのレシピ

ほくほくアメリカンドッグのレシピ

材料

牛乳:150cc

卵:1個

ホットケーキミックス:200g

ウィンナー:適量

ジャガイモ:適量

お好みでチーズなど。

作り方

  1. ウィンナーを爪楊枝に刺し、ジャガイモを適度な大きさに切ります。
  2. ジャガイモを電子レンジで柔らかくし、ボールにウィンナー以外の材料と一緒にして混ぜ合わせましょう。
  3. ウィンナーに2をつけ、170度の油でカリカリになるまで揚げて完成です。
  4. ケチャップやマスタードなどをつけ、温かい内にお召し上がりください。

フレンチドッグのレシピ

材料

ホットケーキミックス:200g

牛乳:150cc

卵:1個

フランクフルト:適量

グラニュー糖:適量

作り方

  1. ホットケーキミックスと牛乳、溶き卵をボールに入れてよく混ぜます。
  2. 串にフランクフルトを刺し、それを1につけます。
  3. 170度の油で2をカラッと揚げ、クッキングペーパーなどで軽く油を切ります。
  4. それにグラニュー糖をまぶせば完成です。

揚げずに作るアメリカンドッグのレシピ

材料

ホットケーキミックス:200g

牛乳:150cc

卵:1個

とろけるチーズ:適量

魚肉ソーセージ:適量

コショウ:適量

ケチャップやマスタード:お好みでどうぞ

作り方

  1. 卵をしっかりと溶き、牛乳・ホットケーキミックスと一緒にボールに入れます。
  2. そこに2cm角にカットしたソーセージを加え、サッと混ぜてからチーズも加えます。
  3. 2を良く混ぜたら、熱したフライパンに油を入れて生地を焼き上げます。
  4. 焦がさない様に注意しながら両面を焼き、しっかり焼き色がついたら皿に盛って完成。
[スポンサードリンク]