マフィン

カップケーキの様に、カップサイズのマフィン。手頃な大きさな為、おやつ用としてだけでなく朝食に食す人も増えています。ホットケーキミックスと少しの材料で、出来立てのマフィンがいつでも家庭で楽しむ事が出来るのです。パンやご飯が無い!お客様が来るのに出すものが無い、と言う時にピッタリです。それにチョコチップなどを少し使うだけで見栄えも全く変わってきますよ。

[スポンサードリンク]

マフィンとは

小型のカップケーキに似た焼き菓子、コンビニやパン屋さんを始め今では至る所で目にする機会もあるでしょう。フルーツを用いた季節感の溢れるもの、チョコレートやバナナを使ったものなど様々なバリエーションが取り揃えられています。一般的な甘いタイプのものだけでなく、チーズなどを使った食事的なタイプも存在します。日本や発祥の地であるイギリスは勿論の事、アメリカではベーグルに勝るとも劣らない人気を誇っています。ちなみに、マフィンは大きく分類するとアメリカ式の「アメリカンマフィン」とイギリス式の「イングリッシュマフィン」の二つに分けられます。

マフィンコラム(二つのマフィンの違い)

元々、マフィンはイギリス発祥なのでイングリッシュマフィンが起源なのは分かります。しかし、その後アメリカに渡ってから誕生したアメリカンマフィンとの違いは何なのでしょうか。元来のイングリッシュマフィンは、生地をイーストで発酵させてから鉄板で焼いて作られます。こちらはお菓子よりも食事に用いられ、わざと半焼きの場合が多く見られます。一方、アメリカンマフィンはベーキングパウダーを使い、カップケーキの型などに流し込んで作られたケーキの様なタイプです。こちらは、食事よりもお菓子として用いられる場合が多いです。つまり私達にお馴染みのマフィンといえば、アメリカンマフィンの方だったのです。一口でマフィンと言っても、材料や製法は全然違ったのですね。

簡単マフィンのレシピ

お手軽プレーンマフィンのレシピ

材料

ホットケーキミックス:200g

バター:60g

砂糖:50g

牛乳:100cc

卵:1個

作り方

  1. バターを室温で戻してから砂糖と一緒にボールに入れ、泡立て器でふんわりしてくるまで混ぜます。
  2. 卵を入れたら再びしっかりと混ぜ、次に牛乳とホットケーキミックスを加えたらザックリと切る様に混ぜましょう。
  3. 型へ生地を流し入れ、180度のオーブンで25分焼けば完成です。

楽々チーズマフィンのレシピ

材料

ホットケーキミックス:200g

粉チーズ:40g

牛乳:150cc

卵:1個

作り方

  1. ボールに材料を全て入れ、泡立て器でダマに気をつけながら混ぜます。
  2. 生地を型に流し入れてから空気抜きをし、そのままのレンジで2分前後加熱します。
  3. 1. レンジから取り出したら、180度のオーブンで30分焼けば完成です。

おから豆腐マフィンのレシピ

材料

ホットケーキミックス:200g

炒りおから:50g

豆腐:200g

ハチミツ:50g

マーガリン:60g

作り方

  1. ボールに豆腐・ハチミツ・卵を入れてハンドミキサーなどでしっかり混ぜます。
  2. バターを室温で溶かし、1に加えてからサッと混ぜます。
  3. おからとホットケーキミックスを順番に入れ、しっかりと混ぜ合わせましょう。
  4. 180度のオーブンで30分加熱し、竹串に何もつかなくなれば完成です。

朝食にピッタリ、ツナマヨマフィンのレシピ

材料

ホットケーキミックス:200g

プロセスチーズ;50g

牛乳:60cc

粉チーズ:適量

マヨネーズ:適量

卵:1個

ツナ缶:1缶

作り方

  1. ボールに卵と牛乳を入れ、サッと混ぜたらツナとマヨネーズも加えます。
  2. しっかりと混ぜ合わせたら角切りにしておいたチーズを入れ、軽く混ぜます。
  3. 型に生地を流し入れ、その上にマヨネーズと粉チーズをかけて180度のオーブンで20分焼けば完成です。

バナナたっぷりマフィンのレシピ

材料

ホットケーキミックス:200g

マーガリン:90g

スキムミルク:10g

牛乳:50cc

完熟バナナ:3本

卵:1個

作り方

  1. バナナ2本の皮を剥いてビニール袋に入れ、手で細かく潰しておきます。
  2. マーガリンを室温で溶かし、牛乳・スキムミルクと混ぜ合わせます。
  3. ボールに解き卵と1を入れてしっかりと混ぜ、ホットケーキミックスを加えたら再びよく混ぜましょう。
  4. オーブンを180度で予熱しておき、その間に3を型に流し入れて残りのバナナを刻んでトッピングにします。
  5. オーブンで30分加熱し、竹串に何もつかなければ完成です。
[スポンサードリンク]