ロールケーキ

値段も手頃で、幅広い年代から支持を得ているケーキの一種。最近では和三盆や抹茶などを使った「和」のロールケーキも人気を博しています。ふんわり、しっとりした生地のロールケーキをホットケーキミックスで作れるの?と疑う人もいるかもしれませんが、ちゃんと作る事は可能ですよ。ロールケーキを買いに行くのが面倒だけど家で作るのも面倒、と言う人は意外と簡単に作れますので一度試してみるのもいいですね。

[スポンサードリンク]

ロールケーキとは

薄く焼き上げた生地にクリームを塗って巻き込んだケーキの一種。日本では昔から馴染みの深いお菓子として知られています。イギリスが発祥と考えられており、フランス語では「ルラード」の名前で親しまれています。本来はデザートに分類されていますが、最近では生地や具に野菜を用いた変り種のロールケーキも出回る様になりました。ちなみに、6月6日は「ロールケーキの日」とされています。これは「6」がロールケーキの巻かれている様子に似ている事が由来なのだとか。そう言われてみると似ているかもしれませんね。

ロールケーキコラム(日本におけるロールケーキの起源)

生地に使われるスポンジが誕生したのは15世紀頃と考えられています。ロールケーキ自体がいつ生まれたか詳しく分かりませんが、日本に伝わったのは16世紀中盤とされています。ポルトガル人の手によって他の南蛮菓子(カステラなど)と共に伝えられますが、ただこの時はタルトと言う形でした。やがて大正時代以降になると、ジャムなどを使ったものがブームとなって現在の様な形へと変化したのでした。同時に人気も徐々に高まり、昭和に入ると某パン会社が販売し始めた事から庶民のお菓子として定着する様になりました。それ以来、ロールケーキと言うと庶民のお菓子と言うイメージがつきまといますが、和三盆を初めとした高級食材が使われた高価なロールケーキも登場する様になっていったのです。今や庶民から上流階級に人、全ての人に愛されるデザートなのです。

簡単ロールケーキのレシピ

ロールケーキのレシピ

材料

ホットケーキミックス:50g

砂糖:25g

卵:2個

生クリームなど(お好みで)

作り方

  1. ボールに砂糖と卵を割り入れ、湯せんなどにかけて人肌程度に温めます。
  2. 泡立て器でしっかりと混ぜ続け、もったりとしてきたらホットケーキミックスを加えてゴムベラに持ち替えます。
  3. 切る様にザックリと混ぜ、クッキングシートを敷いた型に流し入れます。
  4. 200度で7~10分焼き、濡れ布巾を被せて荒熱を取ります。
  5. 生クリームを塗ったりフルーツを乗せるなど、好きな様にトッピングしてから巻けば完成です。

さつまいもロールケーキのレシピ

材料

ホットケーキミックス:100g

さつまいも(皮を剥いた状態):200g

クリームチーズ:40g

卵:1個

サラダ油:大さじ2

砂糖:大さじ3

牛乳:大さじ3と50cc

作り方

  1. さつまいもの皮を剥き、適度な大きさにカットして水にさらしておきます。
  2. レンジで柔らかくしてから潰し、ボールに卵を割りほぐします。
  3. そこにさつまいも50gと牛乳50cc、ホットケーキミックス、サラダ油を順番に入れていきしっかりと混ぜ合わせます。
  4. オーブンシートを敷いた鉄板に生地を流し入れ、12分前後焼いたらラップをします。
  5. ボールにクリームチーズと牛乳、砂糖を加えて混ぜます。
  6. また別のボールに残りの材料を加え、こちらもしっかりと混ぜましょう。
  7. ラップを外したら4本薄く切り目を入れておき、5を均等に塗ってから6も塗ります。
  8. 隙間が出来ない様に注意しつつ、ラップでくるくる包んでいきます。
  9. 冷蔵庫で1~2時間置けば完成です。

桃ロールケーキのレシピ

材料

ホットケーキミックス:100g

グラニュー糖:80g

バター:10g

卵:3個

桃の缶詰:1缶

牛乳:小さじ1

生クリーム:適量

作り方

  1. ボールに卵とグラニュー糖を入れて湯銭にかけます。
  2. その状態でもったりとしてくるまで泡立て、ホットケーキミックスを数回に分けて加えましょう。
  3. 入れる度にしっかり混ぜつつ、バターと牛乳をレンジで溶かしておきます。
  4. 生地を流し入れ、ゴムベラで表面を整えたら平らに広げます。
  5. 190度のオーブンで10分焼き、ラップで生地をくるんで冷蔵庫で冷やします。
  6. 生地に生クリームを塗ってから桃を適当に乗せ、ラップごと巻いていって再び冷蔵庫で冷やせば完成です。
[スポンサードリンク]