ホットケーキミックスと健康管理

簡単に色々な料理が作れる便利なホットケーキミックス。しかし、簡単に作れるからと言って大量に使うという罠に陥りやすい傾向があります。万能に思えるホットケーキミックスですが、その一方で欠点も当然存在するのです。何がホットケーキミックスの欠点になるのでしょうか。

[スポンサードリンク]

ホットケーキミックスは体に良くない?

悪いとは言いません、極端に悪い成分が含まれていればここまで多くの人に用いられる事はないでしょう。ただし、良いとも言えないのです。その原因については、あるホットケーキミックスの成分を例に見てみましょう。あくまで一例ですので、全てのミックスに当てはまる訳ではない事を頭に入れておいて下さい。

原材料は小麦粉・砂糖・食塩・ベーキングパウダー・香料・・ここまでは大体ご存知でしょう。残りはブドウ糖や着色料などが挙げられます。ベーキングパイダーまではホットケーキの材料になるものですから納得出来ます、砂糖はホットケーキの甘味を、香料は焼いた時に漂うホットケーキ独特の甘味をつける為でしょう。しかし、その砂糖の量は非常に多く用いられています。更に着色料(食物添加物)も大きな問題です。添加物は体内に蓄積して悪影響を及ぼす可能性があるからです。ホットケーキミックスの添加物によって人体へ与えると考えられる影響については、次で詳しく解説していきます。

食品添加物による影響

賞味期限を延ばしたり食物を形成したりと、添加物は食品に欠かせない存在である反面、誰もが体に悪影響を及ぼす事はご存知でしょう。危険性については、科学性でも天然性であっても同様です。天然とつけば安全、と勘違いしている人もいますが全くの誤解です。それは自然で出来た食品なら何でも大丈夫と言う位に間違いなのです。添加物が体内に蓄積する事で、発がん性や骨粗しょう症、一部のアレルギーに発症しやすくなると言う説もあります。中には細胞壁を破壊して皮膚に大きな影響をもたらす添加物もあると言います。

添加物によって最も恐ろしいと考えられるのは胎児への影響です。母体となった母親の体内に何らかの添加物が蓄積していると、へその緒を通じて子供の胎内へと移ってしまう可能性があるからです。母親と生まれたばかりの子供の体重の差を考えると、大人にとっては少量であっても子供にとっては多量なのです。まだ添加物の蓄積による影響は研究中で不明確な部分も多いです。しかし、添加物は多量摂取をしないに越した事が無いのは確かでしょうね。近い内に添加物による人体への影響について、詳しく分かる事を願います。

コラム(ホットケーキミックスの上手な使い方)

健康を損なわない様にホットケーキミックスを使うには、どの様な点に注意すれば良いのでしょうか。第一に挙げられるのは使用しすぎない事、これに限ります。おからや豆腐と言ったローカロリーでヘルシーな食品で水増しすると健康的です。第二はホットケーキミックスを購入する際に、原材料をしっかり確認してから購入する方法です。卵や砂糖を使われていないタイプも存在しますので、カロリーを控えたい人だけならず砂糖の取りすぎを制限する効果もあります。雑穀や米粉を用いたものを使えば、カロリー的な問題は大分解消されます。

ホットケーキミックスを完全に排除すべきとは言いません、現代の食生活において添加物を全く取り入れない食事は困難ですから。豆腐やこんにゃくのあの形も添加物の影響なのです、これが無ければ作る事すらままならない食品も多く存在するのが現状です。完全に省いてしまえば、食品流通コストにも大きなダメージが予想されます。普段からホットケーキミックスを多く取り入れている家庭では、これらを心掛けるのが好ましい使い方と言えます。自分で手作りと言い手もありますので、砂糖や卵など省きたいものは選べると言う利点もあります。頻繁に使いたい人はこちらか雑穀などのヘルシーなものをオススメします。ホットケーキミックスは様々な料理が簡単に作れる非常に便利な物です、バランスを考慮しながら上手に使いこなして下さいね。

[スポンサードリンク]